2階にリビングってどんな感じ?

2階にリビングってどんな感じ?

建築家のナカノハジメ先生に作っていただいたR+house京丹後の
モデルハウスの模型をオープンすると、1階と2階が分解できます!
そして、2階にリビングやバス・トイレがある間取りになっています。

S__49913879(2).jpg

自分が1階リビングの家にしか住んだことがないので、「ただいまー」
と帰宅したら、まず階段を上がって...ってどんな感じになるかな~と、
模型を見ているだけで、想像力が掻き立てられます。

2階リビングについてちょっと勉強してみました。

【メリット】
 ・日当たりが良い
 ・プライバシーが守られる
 ・眺めがよい
 ・耐震性がよくなる ...など

【デメリット】
 ・階段の上り下り←重い買い物袋を持って上がるのが大変そう(^-^;
 ・夏場は暑い
 ・子供の帰宅が分かりにくい←子供部屋が1階にある場合
 ・1階の防犯面 ...など

2階リビングの間取りは、一般的に上記のようなメリットとデメリットがあり
ますが、土地の特性と住む方の優先順位を考え、取り入れる際にはデメリット
になる部分の対策を考え、クリアできると更に快適に暮らせそうですね。

今回、R+house京丹後のモデルハウスの設計では、上記のデメリットの
「夏場は暑い」という部分に関しては、夏の日差しはきちんと遮り、逆に
冬には十分に日差しを取り込めるように、ナカノ先生によって考えられて
いるので、クリアしていると言えます。

太陽の光をどう活かしていくかは、R+houseの家のように高気密高断熱の
住宅では大変重要になってくるようです・・・

このお話の続きは次回に!住宅についての研究&勉強の日々は続きます⤴