理想の平屋を建てよう その①

理想の平屋を建てよう その①

今、若い世代の方からも平屋がとても注目されています。
実際に、新築を検討されている方にお話を伺うと、できれば平屋を建てたいという意向を持って
いる方が多くいらっしゃいますし、国土交通省の統計によると、住宅の着工棟数に占める平屋の
割合は年々増加傾向にあり、ここ10年で1.5倍になっています。

では、平屋を建てたいと思う方は、平屋のどういったところに魅力を感じているのでしょうか。

平屋のメリット・デメリットについては、ネットで検索すると、沢山載っているのでここでは割愛
させていただきますが、そのメリットの一つに、ワンフロアで全てが完結できることが挙げられます。

家事動線にも無駄が生まれず、時短にもなりますし、各居室などへはリビングを介して移動する配置
にすれば、家族が顔を合わせて一緒に過ごす時間も増え、より絆が深まることに繋がります。


一般的に"平屋の家は割高になる"と言われていますが、その理由は、同じ延床面積の平屋の家と
総二階の家の比較をすると、平屋の方が建坪の面積が広くなり、材料費や工事費が高くつく屋根や
基礎の部分が、二階建ての家よりも大きくなってしまうからです。
平屋二階建て比較図.png

しかし、決められたご予算の範囲で"多少の工夫"さえすれば、二階建てにする場合と相応の金額で、
理想の平屋を建てることも可能になると思います。

単純に、平屋にすると階段や2階部分の廊下やトイレは必要なくなるので、その部分はコストカット
につながります。

そして、維持費を考えると、二階建ての場合よりも平屋は構造がシンプルでメンテナンスがし易く、
屋根や外壁の補修は足場も低く済むので費用を抑えられるため、ランニングコストが良いという
メリットがあるということは押さえておきたいポイントの一つです。

次回は、平屋の人気上昇の訳と、理想の平屋を建てる為に必要な"多少の工夫"について、
もう少し深掘りしたいと思います。