建築家との家づくり

建築家との家づくり

アールプラスハウスの建築家が所属するマイスターズクラブには、120名以上の個々でも活躍されている、優秀な建築家が在籍しており、温熱環境・構造・性能・技術・デザインに関する勉強会や研究会を開催し、建築家としてのクオリティを高め合っています。
(※ここで言う建築家とは、建築士の資格保有者であることは勿論、独立したり設計事務所などに所属して日々設計だけを考え、造り出している人を指します。)

アールプラスハウスの建築家との家づくりは、まずヒアリングから始まります。
ヒアリングの方法も建築家によって様々ですが、共通して言えるのは「和室が必要か」や「リビングは何畳欲しいか」などの間取りをお施主様に決めていただく内容の質問は、必要がない限り殆どしません。


建築家はお施主様の人柄や性格を読み取るために、世間話を交えながら、事前に書いていただいた「暮らしのカルテ」を基に、家に対する要望や想い、今の生活で気に入っている所・不便に思うところ、生活のリズムなども事細かに聞き出していきます。

まずは、出来る出来ないに関わらず、思い描くライフスタイルや理想、ご希望を沢山伝えてください。
断片的なご要望から、お施主様の想いやイメージを受け止め、その中から本質的に大切なことを見つけ出し、オンリーワンの設計へと繋げていきます。

これだけは絶対に"譲れない"という部分以外は、建築家に委ねていただくのもいいかもしれません。きっと、想像を超えた間取りの枠にとらわれないところで、ご家族のライフスタイルや価値観を表現し、将来の暮らし方まで見据えた、永く愛せる空間デザインを提案してくれるでしょう。


ヒアリングが終わり、次の建築家との打ち合わせの際には、プランが出来上がってきます。このプラン提示の時が、お施主様にとって最もワクワクする瞬間の一つ、一大イベントです⤴⤴

建築家がヒアリングでお施主様から受け止めた想いを、どのような形で反映しているか、どのような使い方を想定してこのプランになったのか...、計画のポイントをわかりやすく丁寧にプレゼンしてくれます。

アールプラスハウスでは、プラン提示は図面だけではなく、1/100サイズの模型も使うので、立体的に空間を感じることが出来て、暮らしのイメージがしやすいです。

この具体的なプランが出来上がった時点で、追加のご要望なども伺いますが、大筋でプランとお見積りにご納得いただければ、実施設計のお申込みを頂き、最終図面の作成に進みます。


修正点や追加を反映させ、細部まで造り上げた最終プランをご確認いただき、プラン決定!
外壁、屋根材や床材、ドアや設備などの仕様決めやインテリアについても建築家に相談し、アドバイスをもらいましょう。
IMG-3813(小).jpgプラン提示(小).jpg

お家づくりは楽しい!と感じていただけるよう
R+house京丹後のスタッフ一同、全力でサポートさせていただきます(^^♪