"いい土地"の探し方 その②

"いい土地"の探し方 その②

「"いい土地"の探し方 その①」から少々お時間が空いてしまいました。
多くの方にとっては、土地探しがマイホーム購入の第一歩になります。
なるべくなら、そのスタート地点でつまずきたくはないですよね。

「いい土地が見つかれば家を建てよう」という土地ありきの気持ちで進めて行くと、「いい土地」が
見つからなければ家も建たず、何年も過ぎてしまう...というのも"あるある"な話です。
土地から探す多くの人は、このスタート地点でつまずいて土地難民となってしまう可能性があります。

そうなると、土地が見つかるまでの間、今のお住まいが賃貸の場合はずっと家賃を支払うことになり、
建築時期もどんどん遅れてしまいます。更には年々上昇する物価や住宅ローン金利の事などを考えると、
時期を先送りするメリットがあるとは言い難いです。

お勧めしたい方法は、土地探しと住宅会社選びとは平行に行うか、もしくは住宅会社をまず決めてから、
一緒に土地探しをしてもらうことです。

住宅会社では、まず建物を建てる土地がないと話も進まないので、土地代も含めた資金計画をします。
土地にかけられる金額は、総予算から建築費や諸経費を引いて残った分です。
土地代の考え方.jpg
その範囲で土地を探すようにすれば、土地に予算をかけ過ぎる事もなく、納得のいく家づくりが実現
できます。
不動産屋で先に土地探しだけを始めて、土地優先で家づくりを進めてしまうと、土地の方に予算をかけ
過ぎてしまう危険性があることを頭の片隅に入れておいてください。

住宅会社に土地探しを相談すると、土地を決める前から現地も確認しますので、その土地に建築する
場合に起こりえる問題なども事前に予測できます。
例えば、土地と道路に高低差があり、家を建てるには整地などの造成工事が必要になってくる場合も
あります。そんな事も分かった上で購入するのと、後で分かるとのでは大きな違いがありますよね。

もし建築するのが敷地対応のできる注文住宅であれば、土地の選択肢も広がります。
変形地と呼ばれる土地は、長方形の土地よりも価格設定が低いです。

「"いい土地"の探し方 その①」でもお話したように、こだわり条件の7割を満たす土地は合格点なので、
予算内に収まる条件の7割を満たす土地を見逃さないようにすればいいのです。
ただ闇雲に土地を探し始めると、土地に対する予算も条件もぶれてしまいます。

「土地もこれから探す」という方は、是非、住宅会社に土地の相談をして、
一緒に探してもらいましょう!