家の性能と健康の関係

家の性能と健康の関係

毎日過ごす家ですが、家の性能と健康の関係が大きいことはご存じでしょうか?


今回は例を挙げ、家の性能と健康の関係性についてお話させていただきます。


有病率の改善.png



こちらの画像は、戸建て住宅で断熱性能の低い家から高い家に転居した人を対象にしたデータをもとにしたものです。






のべ、一万人以上のアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎の方を対象に調査したところ、転居前と転居後では有病疾病割合が明らかに改善傾向にあることが分かります。
症状が改善されるということは、定期的に病院へ通うことも減り、医療費や治療費の負担額も減るということになります。


また、医療費の負担はこの先も年々増加傾向にあるので健康寿命を延ばして、医療費を抑えることが最適だと言えます!
健康寿命とは、平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間です。暖かい住まいにして、できるだけ健康に寿命を延ばしたいですよね。


「家の性能を上げることで、健康が手に入る」を目指しましょう。