計画換気(換気システム)の話

計画換気(換気システム)の話

2003年以降に建てられた日本の新築の住宅には換気システムの設置が義務付けられています。
機密性の悪い家では、隙間風によって自然に空気が入れ替わっていましたが、近年の高気密住宅では、
自然に換気されることはないので、換気システムによって室内の空気を入れ替える必要があるからです。

法律で義務付けられている機械換気には「第一種換気」「第二種換気」「第三種換気」がありますが、
住宅には主に第一種と第三種が多く採用されています。

◆第一種換気・・・排気・給気とも強制的に機械で行う換気方法。
◆第二種換気・・・給気を機械換気で行い、排気は排気口から自然に行う換気方式。
        (住宅にはあまり使用しない。)
◆第三種換気・・・排気は機械換気で強制的に行い、給気は給気口などから自然に行う換気方式。

換気システムは外気を取り込むため、熱交換機能があるものでも外の熱が換気システムを介して室内に流入します。
高気密高断熱の家で使い方を間違うと、特に夏はその熱が室内にこもってしまい、外よりも家の中が熱くなってしまうという事態になることもあるようで...

高気密高断熱の家で「夏は涼しく冬は暖かく」のはずなのに、何かおかしい?!


実は、そのような事態を避け、高気密高断熱の家を快適な温度を保つためには、いくつかのポイントがあります!


まずは「日射遮蔽」→暑い季節は窓から入る日差しの熱を遮ります。
この時、家の外からサンシェードやよしず・すだれを使って遮ると、より効果的です。
高断熱の家で日射遮蔽がしっかりできていないと、夏に太陽で暖房をかけているような状態と言えます。

すだれ写真.png


そこでもう一点重要なことは、エアコンをうまく活用し、室温を快適な温度に保つことです。
※次回にエアコンの使い方などについてお話します♪

また、換気システムのフィルターのお掃除など、定期的なメンテナンスも必要になります。

換気システムを取り入れられている皆様のお宅では、快適な室温を保ち「夏は涼しく冬は暖かく」を体感されていますでしょうか?

家模型写真.png