性能が高い住宅の"メリット"をご紹介します

性能が高い住宅の"メリット"をご紹介します



        "注文住宅で住宅を購入されるとしたら、何が決め手になりますか?"   




R+houseの家は、高気密・高断熱です。
そこで今回は高性能の住宅のメリットについてご紹介させていただきます。


性能が高い住宅のメリット①部屋間 画像.png





『部屋間の温度差が少なくなり、ヒートショックが起きにくい』
ヒートショックの原因は住宅内の温度差にあり、暖かい⇔寒いを繰り返すことにより血管が縮んだり膨張して、血圧が上昇し心臓などに影響を及ぼすことが考えられます。
日本でヒートショックで亡くなる方は交通事故で亡くなる方の4.9倍で、交通事故よりヒートショックで亡くなる方が多いのは、先進国では日本だと言われています。
案外、この部屋間の温度差に寒いと思いながらも慣れてしまっている方もいるかもしれませんが、実は凄く怖いです。


性能が高い住宅のメリット②

『結露によるカビ・ダニの抑止』
断熱性能が低い家で暖房をすると、冷えている壁の表面で結露が発生します。この繰り返しによりカビが生え、そこにダニが繁殖し、ダニの胞子や死骸が人体にも悪影響を及ぼします...
高気密・高断熱・計画換気この3つが大切で、高性能住宅でないと北側の押し入れなどは日当たりが悪く、結露しやすいので要注意です!
断熱性能を高くすると、結露が発生しにくくなると言えます。


性能が高い住宅のメリット③

『健康状態の維持・増進』
断熱性能の低い家から戸建て住宅で省エネルギー基準を満たす住宅に住み替えたら、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの疾患が完全に治るわけではないですが、改善されたというデータがあります。
人間の健康と言えの性能の関係は大きいと言えますね!


性能が高い住宅のメリット④

『ランニングコストの削減』~冷暖房費~
省エネルギー住宅にすれば、同じ面積の住宅でも省エネルギーが少なくなるので、従来より小型の暖冷房機にでき、イニシャルコスト&ランニングコストの削減にもつながります!

性能が良く、省エネルギー基準を満たす住宅には条件がありますが、メリットは今回ご紹介しただけではありませんし、長い目で見たときに省エネルギーでコスト削減・さらに健康との関係が大きいという事は間違いないです。R+houseでは高性能の家づくりが実現します!