京丹後市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

高耐震・高耐久
大切なお家を守る

構造 家画像
高性能住宅と聞くと断熱・気密が大切と思われる方も多いのかもしれませんが、安心・安全を支える高性能住宅と言えば耐震性は非常に重要になってきます。地震が起きないことが一番ですが、いつ何が起きるのかが分からないのが現状です。もしものために耐震性について理解しておきましょう。
高断熱・高気密・換気の3つの柱が大切ですが、それに加えてR+houseの家づくりには高耐震の高性能住宅です。

許容応力度計算を全棟実施、高耐震の家

構造計算で地震に強い家を実現

地震に強い家をつくるため、R+houseは構造専門の建築士による「構造計算」を全棟に行っています。構造計算とは、建物の安全性を検討・確認する計算です。
建物には重力、地震力、風圧力、雪、津波などさまざまな力が作用します。これらの力に対して安全であるよう、各「構造部材」を計算します。
例えば、私たちが普段歩く「床」が傾いたり、抜けたりしないのは、構造計算されているからです。
R+house京丹後では、安全性を保障するすべての項目について詳細検討する構造計算のひとつ、許容応力度計算を全棟実施します。
>>最も安全性が高いと言われている「許容応力度計算」については詳しくはこちら
構造計算

パネル工法で耐久性も安心

R+houseオリジナルパネル「R+パネル」

断熱性能というものは実はUA値だけでは計れず、施工精度も大きく関係しています。
現場発泡ウレタンなどの『連続気泡断熱材』と呼ばれるものは、現場で施工するため、温度や職人の技量により品質の均一化が難しいですが、R+houseが使用しているフェノールフォームなどの『単独気泡断熱材』は、JIS認定工場で製造された工業製品なので設計図通りの性能が長きにわたって担保されます。また、単独気泡の方が空気・湿気を通しにくいことも挙げられます。
株式会社大村工務店の家づくり写真

横揺れにも強いパネルで高耐震な家を実現

R+houseの家の外壁断熱材は、フェノールフォーム断熱材と構造耐力壁のMDF合板を組み合わせた「R+houseパネル」を用いたパネル工法で建てています。
断熱性能が高い上に湿気にも強いので、経年劣化しにくく、さらに防火性能にも優れています。「R+houseパネル」は壁倍率2.5倍という強度を持ち、優れた耐震性を発揮します。パネル工法の場合、面全体で支えるため力が分散し、横揺れ地震など横からの強い力にも耐えることができるのが大きな特徴です。
現場でパネルと断熱材を接着する形では、雨が降るなどして濡れてしまった場合、パネルの中でカビが発生してしまうこともあります。その点、R+houseパネルはパネルの中の見えなくなるところまでコーキングしており、工場圧着された状態で現場に届くため、施工中に雨が降っても問題ありません。
また、パネルの素材は、飛行機や新幹線などにも使われている旭化成のネオマフォーム。軽量で安全、断熱性が高いといった特徴があり、経年劣化が起こりにくいのが魅力です。
R+houseパネル

積雪地域での耐震等級2を標準!

地震に対する強さを表す指標として耐震等級がありますが、R+house京丹後は法律の基準である耐震等級1を上回る耐震等級2を標準としています。この耐震等級2は学校や病院の耐震性に匹敵し、京都府北部は積雪地域になっているので、積雪地域の耐震等級2は、他地域の耐震等級3(警察署・消防署レベル)に匹敵します。
※オプションで等級3の確保も可能です。
高耐震

建築基準法の耐震等級1とは・・・東京で例えて震度6~7レベルで1度くらいの地震なら倒壊・崩壊しない程度と言われています。ただし、損傷はするので、引き続き使えない可能性はあります。あくまでも人命確保、逃げられる強度。
熊本地震のように震度6クラスが2度連続で起きた場合は、建築基準法の1.5倍の強度が必要とされています。

耐震性能を支えるために

安全性は大前提で選ぼう

家は、家族の安全と命を守る存在でなければなりません。家づくりにおいて大切なのは自然災害から守れる強い家をつくることですよね。
地震大国と言われる日本でどのような技術であれば家族の安全が守られるのか?また、安全で頑丈な造りであれば、何を使用しても良いという訳にもいきません。家族の健康を支えながら安心して安全に住める家づくりをすることが大切です。 家を建てるとなると、やはり建物に興味がいってしまいますが、建物の耐震性能だけでなく、建物を支える基礎と地盤にも注意しましょう。

建物だけじゃない!大切な地盤改良

R+house京丹後が推奨する「HySPEED」(ハイスピード)工法」

硬化剤を一切使用しない天然砕石パイル工法「Hy SPEED工法」は、地盤に孔を掘り、その孔に砕石を詰め込み石柱を形成する、天然素材のみを使った、人・環境にとっても強い、軟弱地盤の地盤改良工法です!
地盤改良 ハイスピード工法


大村工務店では注文住宅に関するイベントを開催中!

「これから家づくりを始める方」「何から始めればよいかわからない方」「見学できる物件はないかな」などお家づくりに関するご相談を承っております。京都府京丹後市・与謝野町周辺で注文住宅をご検討のお客様は是非お気軽にお申し込みください。


#省エネ住宅
#木造
#建築家
#注文住宅
#新築
#高気密
#高耐震
#高断熱
#ZEH

こだわりをご紹介
私たちの家づくりのこだわりをご紹介します。

資金相談会 画像

資金相談

私たち大村工務店/R+house京丹後の家づくりは、まずお客様の一番の心配事である資金計画を一緒に考えることから始めます。資金計画といっても、家を建てるための「住宅資金」だけではなく「教育資金」「老後資金」の2つも含めた「人生の3大支出」をトータルで考え、家を建てた後も余裕のある暮らしを安心して送っていただく為のアドバイスをさせていただきます。
建築家との打ち合わせ風景

R+houseの建築家

私たち大村工務店は、京丹後市・与謝野町・宮津市を中心とした京都府北部地域(丹後・海の京都)で “建築家とつくる注文住宅”「R+house」を軸に、性能やデザインにこだわった家づくりをご提供いたします。
家族と家画像

長期優良住宅・ZEH

国の地球温暖化対策として日本政府は、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする『2050年カーボンニュートラル』に挑戦し、脱炭素社会の実現を目指すことなっています。さらに、2030年には新築住宅の平均でZEHの実現を目指すと発表されています。
今後は、より省エネ性能の高い住宅が求められる時代になります。そこでこの記事を通して、R+house京丹後が標準にしている『長期優良住宅』や『ZEH住宅』への理解を深めていただけたらと思います。
R+house建築実例 リビングダイニング画像

高気密・計画換気

高断熱であることと同時にお家の性能を上げるための必須条件は『気密』です。断熱・気密・計画的な換気は快適な家をつくる上でとても大切な“3要素”になります。
断熱性能と同じく気密性能にも数値があり、それをC値と言いますが、このC値が低いほど隙間の少ない家と言えます。
また、断熱性能を表すUA値は【総熱損失量÷外皮表面積】で求められるのに対して、気密性能は実測しないと出ません。R+house京丹後ではこのC値を見える化し、お施主様にも安心していただけるよう全棟気密測定を行っています。
リビングでの家族写真

高断熱

高気密・高断熱の家を建てることで、光熱費の節約につながるだけでなく、同時に快適な生活も手に入れる事ができます。私たちR+house京丹後では京丹後市(京都府北部地域)の皆さまに寒さが厳しいこの地域で快適な暮らしを送っていただくため、株式会社大村工務店(R+house京丹後)は高断熱・高気密で快適な家づくりをおすすめしています。
株式会社大村工務店外観写真

自社大工

京都府北部地域は気象的にも非常に厳しい地域です。冬の寒さ、夏の暑さ、梅雨の蒸し暑さは皆様ご承知の通りだと思いますが、そういった気候の変化の中でも柔軟に対応し『快適な家づくり』をすることが大切だと考えています。
家 アフターサービス画像

アフターサポート

ずっと暮らす家だからこそ、知っておきたい大切なこと。建築中のお施主様に安心しておうちづくりを進めていただけるように、「完成保証サービス」を、また、お引き渡し後も長く快適に暮らせるように、R+houseでは60年間にわたって家を守るアフターサポートプログラムを備えています。定期点検やメンテナンスなど、充実のメニューが揃っています。
家 地盤改良画像

HySPEED工法

地盤改良方法にも色々な方法があります。
目には見えませんが、安心した生活を送るうえで、非常に大切な地盤。
後悔しない家づくりの為にも、しっかりした地盤補強工法について学びましょう!
R+houseが行っている工法 ~セメントを使わない工法で「次」の世代にも安心、安全な家づくりを~

商品ラインナップ
私たちの商品ラインナップをご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します。

お施主様の声
いただいたお施主様の声を紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house京丹後~家づくりの流れ~
私たちのR+house京丹後~家づくりの流れ~をご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社大村工務店の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.22

京丹後市(京都府北部)で家を建てる際に知っておきたい耐震の話。耐震等級とは?

株式会社大村工務店の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.22

京都府京丹後市(京都府北部地域)土地価格は今後どうなる?

株式会社大村工務店の家づくり写真
お金
2024.01.15

京都府京丹後市で新築を建てるなら『子育てエコホーム支援事業』で補助金をもらおう!

株式会社大村工務店の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.15

「パッシブデザイン」とは?

株式会社大村工務店の家づくり写真

ご予約・お問い合わせ
お気軽にお待ちしております。

峰山営業所
住所
京都府京丹後市峰山町荒山1222-1 荒山キューブビル2F
営業時間
08:30~17:30
休業日
第2・4土日祝、年末年始