TOP
家づくりノウハウ
2023.01.19

太陽光を上手に活用する設計

白い家と人の模型
太陽光を上手に活用する設計
R+house京丹後市・与謝野町・伊根町・宮津市のお役立ち記事「太陽光を上手に活用する設計」の詳細ページです。 R+house京丹後市・与謝野町・伊根町・宮津市は京丹後市・与謝野町・伊根町・宮津市の注文住宅を手がけております。住まいづくりのご検討をしていましたら、お気軽にお問い合わせください。

目次

太陽光を上手に活用する設計

R+houseの家のように高気密高断熱の住宅では、太陽光は冷暖房エネルギーにも大変影響してくるので、太陽の光を設計にきちんと反映させることが必要です。夏は高い位置から太陽が射し込むので、夏の日差しを遮ることで冷房負荷は下がります。冬は低い位置から射し込むことになるので、日差しをたくさん取り入れることによって、暖房負荷をさげることになります。
太陽光の入り方の図
間もなく着工予定のR+house京丹後のモデルハウスの断面図を例に見てみると、太陽が射し込む面にバルコニーを配し、夏のきつい日差しがリビングに入り込まないようにしてあります。しかし、冬の日差しはリビングまで届くため、日中屋内に取り込んだ熱は高気密高断熱の家では逃げにくく、エネルギー効率が良くなります。また、周辺環境と土地の風向きや風速データをもとに、家の中をバランス良く風が抜けるよう、窓が配置されています。このように、太陽光や風などの自然エネルギーを最大限に活用した設計手法を、"パッシブデザイン"といいます。パッシブデザインを取り入れた住居は、省エネで環境にもやさしく、住む人にも快適な暮らしを与えてくれます。これから建てられる方は、パッシブデザインのお家を是非ご検討ください⤴
家づくりの基礎知識 設計事務所 間取り 設計 デザイン 性能 暮らしの工夫
2階にリビングってどんな感じ?
外壁改修工事
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 8:30~17:30 
定休日 第二・第四土曜日・日祝日